背中ニキビの効果的な改善方法

背中ニキビも顔のニキビ同様、皮脂や古い角質が毛穴に詰まり、それが原因で炎症を起こしてできる皮膚疾患。

 

毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり除去し、余計な皮脂が分泌されないよう、肌の保湿を徹底して毛穴詰まりを予防することが一番の対策です。

 

ただ、背中は直接目で見えにくい部位なので、お手入れもしにくいところ。

 

スプレータイプの背中ニキビ化粧水や、背中ニキビ専用のオールインワンジェルを使うと、1人でも簡単に背中の保湿を行うことができます。

 

まずは背中を清潔にし、背中ニキビに適した化粧水やジェルで、背中をニキビのできにくい状態に改善してあげましょう。

 

汗をかきやすく、肌がべとつきやすい方にはスプレータイプの背中ニキビ化粧水、肌が乾燥しやすく、背中がかゆくなりがちな方には塗るタイプの背中ニキビジェルがおすすめです。

 

背中ニキビ化粧水おすすめランキング

メルシアンは、様々な美容雑誌に掲載され、今、注目されている背中ニキビ専用の化粧水です。

スプレータイプで使いやすく、お手入れしにくい背中に保湿力の高いコラーゲンが浸透して皮脂の過剰分泌をストップ。

ニキビの有効成分、グリチルリチン酸ジカリウム配合で、背中で起きている炎症を鎮め、背中ニキビのできにくいお肌に整えてくれます。

オルビスのクリアボディローションは、100%オイルカットでメントールを配合した爽やかな使い心地の背中ニキビ化粧水。

ニキビの有効成分、甘草エキス(グリチルリチン酸ジカリウム)や桃仁エキスなどの和漢配合の医薬部外品です。

背中に汗をかきやすい方に特におすすめしたい化粧水です。

背綺麗プラスは、背中ニキビをはじめ、背中にできてしまったシミやボツボツに効果的な背中ニキビ化粧水。

ニキビに有効なグリチルレチン酸ステアリルや安全な美白成分、トラネキサム酸を配合し、ニキビやシミを改善しながら、植物由来のセラミドで背中をしっとりなめらかな状態に修復してくれます。

60日間返金保証で、今ならお得に買えるキャンペーン中です。

背中ニキビジェルおすすめランキング

パルクレールジェルは、背中ニキビにお悩みの方に売れている、今、人気のオールインワンジェルです。

お風呂上がりにやさしく手のひらで浸透させ、背中の乾燥を予防。古い角質をケアしてくれるので、背中の毛穴詰まりを防ぎ、背中ニキビができない肌環境に整えてくれます。

早い人では10日で効果を感じたという人も。電話によるお肌サポートも万全で、永久返金保証付きなので、安心して背中ニキビへの効果を試せます!

ジュエルレインは、背中ニキビにお悩みの方のために開発された背中ニキビ用ジェル。

グリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキスなど、ニキビ改善に効果的な成分を配合したオールインワンタイプのジェルで、油分が少なく、さらっとした使い心地です。

背中の皮膚のターンオーバーを促して、滑らかな背中に仕上げてくれます。120日間返金保証で安心です。

ルフィーナは分子量を小さくして浸透力を高めた低分子コラーゲンと、ヒアルロン酸を凌ぐ水分保水力を持つシロキクラゲ多糖体のWのチカラで、お肌を乾燥から守りうるおいあふれる柔らかな肌を保ちます。

デリケートなお肌にも安心して使える無添加フリー。120日間返金保証付きで初めての方でもじっくり効果をお試しできます。

さらに定期配送をお申し込みなら、69%OFFの2,959円で背中ニキビケアを始めることができます。

 

背中ニキビを治すためのデイリーケア

背中にニキビができたときの入浴時の洗い方

背中ニキビ化粧水

背中にニキビができてしまって、早く治そうとゴシゴシこすったりするのは、ニキビを治すどころか、炎症を悪化させてしまいます。

 

背中ニキビが痛いときはもちろんのこと、ふだんからナイロンタオルでこすったり、洗いすぎることのないよう注意しましょう。

 

基本は泡で洗うこと。まず木綿できたタオルや手ぬぐいを用意し、石鹸をよく泡立ててやさしく洗い上げます。

 

ニキビの炎症がひどく痛みがあるときは、しばらく泡を乗せてから洗い流すだけでも十分です。

 

入浴後の背中のケア

入浴後、背中を拭いたままにして何も塗らないでいると乾燥して、肌を守ろうと背中の皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

皮脂の毛穴詰まりを防ぐためにも、入浴後、清潔なバスタオルで水分をよくふき取ったら、グリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分が入った背中ニキビ化粧水や油分の少ないジェルで背中をしっかり保湿します。

 

背中にニキビがあるときの衣類

下着は吸水性の高いものを選び、汗をかいたら、こまめに拭くことが大切。夏など、汗をかきやすい時期は汗と皮脂と汚れが混ざり合って毛穴に詰まりやすいので、少し面倒でも気づいたらふき取り、背中を清潔に保つということが重要です。

 

冬場はセーターなどでチクチクするものは、ニキビを刺激してしまうので注意が必要。少しでも刺激を感じたら、違う衣類に着替えましょう。肌触りのいいものを選び、肌に刺激を与えないようにしましょう。

 

跡が残ってしまったら?

背中ニキビ化粧水

背中ニキビは、注意していても、寝ている間につぶしてしまったり、かゆいと思ってかいてしまったりして、ニキビ跡を残してしまいがち。

 

もし、ニキビ跡ができてしまったら、試してみてほしいのがピーリングです。ピーリングを使うと、背中に残った古い角質を取り去ることができるからです。

 

不要な角質が取れると、皮膚のターンオーバーが促され、新しい皮膚に生まれ変わり、背中ニキビ跡を目立たなくする効果が期待できます。

 

どんなピーリング剤がいいかというと、おすすめはAHAと記載されたピーリングジェルやピーリング石けん。

 

背中なので、ケアしにくいというときは、ピーリング石けんをよく泡立てて背中に乗せ、しばらく置いておく方法でやってみましょう。

 

もしセルフピーリングで効果が出ないときは、皮膚科で行えるケミカルピーリングで治療を。

 

内側から治すなら漢方薬もおすすめ

背中ニキビ化粧水

顔のニキビと同じように、背中ニキビにも漢方薬の飲み薬が有効。ただ、顔と背中では若干症状が異なるので、処方が違ってきます。

 

背中や胸にできるニキビによく使われる漢方は、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)という薬です。これはニキビの炎症を抑えてくれたり、肌の免疫力を高めてくれる効果があり、ニキビのできにくい肌質に改善したいという方におすすめです。

 

また、化膿したり、痛みが出たりと、悪化してしまった場合は、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)が効果的です。アトピー体質の方やニキビが悪化しやすい方など、皮膚疾患を抱えがちな方に効果があるようです。

 

どちらもネットやドラッグストアで2,000円〜3,000円程度で販売されています。

 

ストレスも要因の1つ

背中ニキビ化粧水

背中ニキビができるのは、成人して顔にできる大人ニキビと同様、ストレスが要因の1つに挙げられます。

 

人間はストレスを感じると、体を防御するためにステロイドホルモンが分泌され、その結果、男性ホルモンの分泌量が多くなります。

 

男性ホルモンが分泌されると、皮脂腺が刺激されて、皮脂がふだんより多く分泌されるようになり、結果、毛穴の詰まりが起こりやすくなって、背中ニキビもできやすくなるというわけです。

 

ストレスをためこまないよう、日頃から十分な睡眠と適度な運動、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

 

>>背中ニキビ化粧水TOPに戻る